社内研修から現場研修へ | 社畜と呼ばれた黒糖のブラックカンパニー体験談


Warning: getimagesize(/sm/wp-content/themes/mesiopress03/images/logo.png) [function.getimagesize]: failed to open stream: No such file or directory in /home/odin/corporate-slave.net/public_html/sm/wp-content/themes/mesiopress03/functions.php on line 331

いよいよ現場での仕事が決まり、
われわれ新入社員は各地へと赴くこととなった

出向先でも新入社員ということで
任される作業は限られているはずなので
担当箇所のパーツを作成し、
各自連携し、社内研修を完成させるよう通達される

これが社会人というものだ
学生時代の甘えた環境とは違うのだ

スポンサーリンク

これから現場研修がはじまる

出向先部署の皆様に挨拶をさせて頂き研修を受ける
 
出向先の作業は割と忙しく、
残業をすることも少なくはなかった
休み時間などを利用して社内研修の発表用資料などを作り
定時後にチームメンバーと連絡を取り、完成を目指す

日々の作業をこなしつつ
社内研修の完成を目指すのは
新人の我らには手厳しいものがあったが、発表の日は近い
残業を行いながら、なんとか作り上げた

当然、残業は自己都合なので
残業代は研修中は出ないと上司より強く言われている
 
これを実装し、社内でプレゼンすれば社内研修も終わりだ
研修が終われば残業代が支給される
この辛く厳しい社会人生活も報酬という形で報われるだろう

そんな夢物語を信じていた黒糖は
当時「ブラック企業」なんてものが本当に存在し
まさか自分が餌食になろうとはこれっぽっちも思っていなかった。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。