はじめての飲み会(前編) | 社畜と呼ばれた黒糖のブラックカンパニー体験談


Warning: getimagesize(/sm/wp-content/themes/mesiopress03/images/logo.png) [function.getimagesize]: failed to open stream: No such file or directory in /home/odin/corporate-slave.net/public_html/sm/wp-content/themes/mesiopress03/functions.php on line 331

社会人になるとイメージする出来事の一つに
飲み会というものがあるのではないだろうか

私もドラマなどで見ていた飲み会のイメージがあった

飲み会とはいえ新人は接待する側なので
浮かれている訳にはいかない
気を引き締めて飲み会に臨むとしよう

「今日は本社の飲み会があるので…」

勤務先には何日も前から伝えてあることだけど
申し訳無さそうに定時過ぎにて退社させて頂く

そういえば定時過ぎに退社したの
新人研修の初期以来はじめてではないだろうか

スポンサーリンク

会社の同僚と指定された飲み会の会場へ

「どんな感じなんだろう」

「何かしないといけないのだろうか」

「怖い上司の人とかどうしよう」

みな、それぞれ思うところはあるようだ

会場に着くとまだほとんど会社の方は来ていない
今のうちに配置について考えておこう

ほどなくして会社の方が続々とやってきた
いよいよ始まる、はじめての飲み会が!

会社でトップ5と呼ばれる偉い役職の方
その中の一人の接待をすることになってしまった

社内研修の発表の時もツッコミを都度いれてくれる
ちょっと怖い感じの方だ

隣の席につくように指示を受け
「失礼します」と隣の席に座らして頂く

「お疲れ様です、お飲み物は何になさいますか」

まずは店員バリに御用聞きに徹することにしよう

「今ついたばっかなのに、余計なこというな!」

はい、すみません…
そうだよね、いきなりは困るよね

他の新入社員メンバーも苦労しているようだ
なんとかしなくては…

そんな状況を見て、オドオドしていると
付かせて頂いている役職の方から声をかけられた

「おまえ、こういうときは率先して注文聞けよ
 気が利かねえな…」

心底、呆れた感じで言われてしまった

申し訳ありませんといそいそと注文を聞いて回る

生ビールの注文が多い、
カクテル・サワーを注文する若い社員の方もいる

店員さんを呼び、注文を伝えていると

「ジュース(サワー等)なんか頼んだヤツ誰だよ?乾杯は生だろ?」

不服そうな役職の声に
周囲から、ビールにしろ、ビールに!と怒られてしまい

「いいのかな…」

とボソりと言ってみた
カクテルやサワーを注文した先輩からも
はやくビールを注文するようにまくしたてられる

くっそう!
これが社会人の「空気読め」ってヤツですか!

すぐに生ビールが人数分運ばれてくる
当然、偉い人から順番にビールを届けていく

全員に行き渡ったところで
プライバシーマーク取得の功労者
我らが研修監督が褒め称えられ、乾杯の音頭をとった

社名を叫びつつ、バンザーイ!カンパーイ!

よくわからない乾杯の掛け声だとは思いつつ
カンパーイと元気よく叫ぶ
(というかブラック企業っぽいノリだと思ったり…)

「新人はもちろん飲むんだよな?」

一気に全部飲むように振ってきているのは察した

本来は急性アルコール中毒になる可能性があるので
断固として断りたいところなのですが
新入社員、しかもおっかない役職さんのプレッシャーに
当時の私は負けてしまったのだ

ゴクゴクゴクッ…

お酒は好きではないのだが、一生懸命に飲み干した

おおおっ~
ゲスい煽る感じで喜ぶ先輩社員たち
満足気な役職の人たち

一杯一杯の新入社員と余裕そうな最年長の同僚

やっぱり彼はちがう、我らとは余裕が違う

まあドラマで見たヘンな芸をやらされたりはしない
これぐらいなら耐えられるというか、普通なのだろう

こうして飲み会がスタートした

後半へつづく

なんとか乗り越えられるだろうと思っていた
まさかこのあと役職の方から、あのようなことを言われてしまうとは
このとき誰がわかっただろうか

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。