担当の割り振り | 社畜と呼ばれた黒糖のブラックカンパニー体験談


Warning: getimagesize(/sm/wp-content/themes/mesiopress03/images/logo.png) [function.getimagesize]: failed to open stream: No such file or directory in /home/odin/corporate-slave.net/public_html/sm/wp-content/themes/mesiopress03/functions.php on line 331

戦場に戻ると、すぐに会議室に集められた

いよいよ、担当箇所を決めるようだ
大変な箇所を担当することになる者はさぞ辛いだろうが
同期で助け合う、協力しあうと誓った
今の私たちには恐れるものではない

スポンサーリンク

一人づつ割り振られていく担当

「同期A、同期Aはこの箇所を担当でいいか?」

上司から直々に担当箇所が割り当てられていく

「はいっ!」

「できそうか?」

「はいっ!」

良い返事を返す同期A
担当箇所は可もなくば不可もないような箇所だった

「同期B、同期Bはこの箇所を担当でいいな?」

「は、はい…」

「できそうか?」

「はい…」

ちょっと緊張気味に返事を返す同期B
担当箇所は割りと簡単な箇所だった、うらやましい

「黒糖、黒糖はSQLやったことあるから、この箇所でいけるな?」

データの抽出条件を決める、結構難しいと思われる箇所だった

『えっ… が、頑張ります!』

一瞬、びびってしまったが頑張ればできないことはないだろう… 
たぶん

「頑張りますじゃない、絶対にやり遂げます!ぐらい言えよ!」

きたな、プレッシャー!!

『は、はい…』

「なんだよ、頼りねえなあ… 同期A,同期B!なんか黒糖ができなそうなら手伝ってやれよ」

「はい!」
「えー、仕方ないっすね!」

同期たちの温かい言葉のもと、黒糖たちの戦いがはじまった

企業戦士の戦いの日々はつづく…

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。